ボトックス治療を利用して小顔になろう【特徴を解説】

レディ

ボトックスの小顔効果

女の人

エラボトックスの効果

顔が大きいことに悩んでいたり、エラが張って四角い顔を気にしていたりする人はたくさんいます。しかし、骨を削る手術を受ける勇気はないという人におすすめなのがボトックス注射です。顔が大きいのは骨格のせいだと思っている人が多いと思いますが、咬筋というエラの部分の筋肉が盛り上がっているせいで、顔が大きく見えている場合が多いようです。このような場合は、ボトックスという薬を筋肉に注射することで、エラの部分を細くして小顔効果を得ることができます。ボトックス注射の最大のメリットは手軽なことです。注射なので、施術時間は短く、1、2分で簡単に終わります。気になる痛みも我慢できる程度です。注射を打つときに保冷材などで冷やして痛みを和らげてくれるクリニックも多く、数ある美容外科治療の中でも痛みは軽度なので、初めての人でも挑戦しやすいのではないでしょうか。ボトックス注射は、施術後、すぐに小顔になれるわけではありません。注射後3日〜7日間程度でエラの筋肉が動かなくなり、約3週間〜4週間程で少しずつエラの筋肉が痩せていき、だいたい3〜4ヶ月程度たった頃、一番小顔効果を感じることができます。ゆっくりと効果が出てくるので、治療を受けたことが周りにバレにくいというのも人気の理由のひとつとなっています。効果の持続期間は4ヶ月程度なので、効果を継続させるには、3〜4ヶ月おきにボトックス注射を打つ必要があります。ボトックス注射で小顔になる方法は、非常に手軽で効果も大きく、リスクや失敗の少ない施術です。注射部位に内出血が出ることもありますが、1週間程度で治りますし、施術直後からメイクができるので隠すこともできます。腫れはほとんどでません。頻繁に打ち過ぎると効果が出にくくなるので、3ヵ月以上はあけるようにしましょう。治療するクリニックを選ぶ際には、ボトックスの量を確認して選ぶようにしましょう。エラにボトックスを注射して小顔にする場合、量は大体50単位程度が目安となります。かなりエラが張っている人は100単位打つこともあります。1本または、1?などという言い方をすることもありますが、これは生理食塩水で濃度を薄めている場合もあるので注意が必要です。クリニックを選ぶ際には、施術に使用する単位数を確認しておくと良いでしょう。ボトックス注射で小顔になる方法は、非常に手軽で効果も高い割に、トラブルも少なく行える美容施術です。1度くらいの施術であれば、効果が切れれば元に戻るので、失敗することもなく、安心です。小顔になりたいと思っている人は一度試してみてはいかがでしょうか。